小児矯正なら、春日部駅前の当院へ。

矯正歯科
  1. 埼玉審美矯正歯科センター
  2. 小児矯正

お子さんの矯正について

お子さんの矯正について

悪い歯並びは、自然に治ることはありません。お子さんが乳歯の時期に矯正治療をしたほうが、顎の骨が軟らかいので、より早く効果を得ることが出来ます。従って、歯並びや噛み合わせ、お子さんの悪い生活習慣などでお悩みの方は、早めに歯医者さんにご相談をおすすめしています。

早い段階で矯正歯科のご相談いただくことで、歯科医も適切な治療時期などを含めた最適な治療計画を立てることができ、より効率的に治療を進めることができます。

「今、ウチの子の歯並びが良いのか悪いのか分からない…」という場合は、是非お気軽にご相談ください。ご来院いただければ、簡単な歯並び診断を行い、治療の必要性の有無を判断します。


小児期から矯正治療を始めるメリット

1.きれいに整えやすい
小児矯正歯科では顎の骨が軟らかく、その成長を利用できるため、大人になってからよりも負担が少なく、歯並びをきれいに整えやすくなります。
2.抜歯の可能性を抑えられる
顎の成長を正しく促すことで、矯正治療における抜歯の可能性を抑えることができます。大人の場合は、やむを得ず抜歯をしなくてはならない場合も多くあります。
3.整った顔貌へと導ける
顎の成長を正しい方向へ促せすことができるので、顎の歪みなどを抑制でき、整った顔貌になります。このように、歯並びは顔全体の表情にまで大きな影響を与えるのです。
4.効率的な治療ができる
長い間、矯正装置をつけることは、誰にとっても嫌なことです。前述したように、乳歯の段階であれば、骨が軟らかく、歯を動かしやすいため、大人よりも治療期間を短縮することができます。
5.歯並びがコンプレックスにならない
矯正歯科を受けようと思う、一番の要因はその見た目だと思います。歯並びが悪く、思いっきり口を開けて笑えなかったりすることは、大きなコンプレックスとなります。歯並びさえ良ければ、周囲からの精神的な悪影響を受けなくて済みますので、その結果、得られる物の大きさは計りしれません。
6.将来、顎の手術のリスクを減らせる
大人になってから矯正治療を行うと、場合によっては顎を手術するなど外科処置が必要になりますが、小児期に矯正治療を行うことで、そのリスクを軽減できます。
初診相談を無料で行っております
PAGE TOP