矯正歯科とは・歯並びが悪くなる原因について。

矯正歯科
  1. 埼玉審美矯正歯科センター
  2. 矯正歯科とは

矯正歯科とは

みさわ歯科で行っている矯正歯科は、ただ歯並びや噛み合わせを治す治療だけではありません。
歯並びが悪ければ、当然噛み合わせも悪いので、口元だけでなく全身の健康に大きな影響を与えることになります。それは口腔内の健康だけでなく、歯並びが悪いことで精神的にも大きな負担となりますし、良いことはひとつもありません。

欧米では特に豊かな顔の表情を大切にするので、健康的できれいに整った歯並びが常識となっており、小さいお子さんが矯正治療を行うことが一般的で、親の義務のひとつとして考えられています。

最近では、日本でも同様の考えを持った親御さんが増えているので、小学校などでも矯正治療をしているお子さんが年々増えてきています。

こういったことから、矯正歯科で歯並びを治すことは病気を治すのと同じように考えられ、歯の正常な咀嚼(そしゃく)機能を取り戻し、健康な体と心を養うために非常に重要な治療として考えています。


歯並びが悪くなる原因

遺伝
ほとんどの場合、歯の大きさや本数は親からの遺伝によって決まっていますので、親が受け口であれば、その子供も当然受け口になる可能性が高くなります。だからといって、諦める必要も、心配する必要もありません。悪い歯並びは、矯正歯科を受けて治りますので、解決方法は簡単です。
食事
現代の食生活は良く噛まなくても食べられる柔らかいものばかりが多く、その結果、お子さんの顎が充分に発達せず、歯の大きさとのバランスが悪くなり、小さな顎に大きな歯が並びきれず、徐々に歯並びがズレていきます。
癖(くせ)・生活習慣
子どもの頃に、唾を飲む時、舌を突き出したり、指しゃぶりなどの癖を直せず続けていると、開咬(前歯が噛み合わない)や、出っ歯の原因になることがあります。こういった、悪い生活習慣を直すことで、歯並びが悪くなることを防ぐことができます。
乳歯の虫歯
乳歯は大人の歯がきちんを生えるためのガイドの役割を担っています。そのため乳歯が虫歯で失われたりすると、永久歯がどこに生えてきていいのかが分からず、歯並びや噛み合わせに大きく影響を及ぼします。
口(くち)呼吸
正常な呼吸方法は鼻呼吸ですが、口(くち)呼吸を続けていると、歯を唇で押さえる力が弱くなってしまうので、舌の位置が変わったり、顔の筋肉のバランスが崩れ、受け口や出っ歯の原因になることもあります。また、顔面の発育・成長にも悪い影響を及ぼしますので、早めに治療が必要となります。

初診相談を無料で行っております
PAGE TOP