ジルコニアについて(強度、軽さ、審美性、生体親和性)。

審美歯科
  1. 埼玉審美矯正歯科センター
  2. ジルコニア

ジルコニアとは

ジルコニアは、人工ダイヤモンドとしてアクセサリー等によく使われていますが、強くて丈夫な素材で、金属に比べてアレルギーも起こしにくいので、骨の代替素材として人工関節やインプラントの人工歯根に使われるなど、近年医療の現場でも使われるようになっています。

特に「白くてきれい」、「強くて丈夫」、「人体に優しい(生体親和性に優れている)」という特徴から、歯科用素材として注目されています。
これまで銀歯としておなじみだった金属素材に代わり、広く使われるようになっています。

ジルコニアの特徴

強度
強さとしなやかさを併せもったジルコニアは、お口の中で欠けたり折れたりすることがありません。
強度が高いため、補強のために金属を使う必要がなく、金属アレルギーの方でも安心です。
軽さ
ジルコニアは、金合金と比較するとわずか3分の1という軽さです。
軽いので違和感はなく、ストレスなく思い切り噛みしめることができます。
審美性
まるで天然歯そのものの透明感、そして色調の再現力を備えています。
大きな口を開けて笑っても、義歯であることがわかりません。
生体親和性
人体とよくなじむ素材で、金属アレルギーの心配がないのがジルコニアの大きな特徴です。
お口の中に入れるものだから、何よりも安全性が重要です。
初診相談を無料で行っております
PAGE TOP